徽州四彫
所在地
黄山
種類
工芸品

   「四彫」は、レンガ彫刻、石の彫刻、木の彫刻、竹の彫刻を指す。これらは安徽省の工芸品の代表作である。彫刻は、その隙間に生まれる透かしを重んずる。亭、楼閣、山水、樹木、人物、動物、花鳥虫魚を同一画面に現し、その彫刻の重なりはシャープで、生き生きとしており、安徽省の職人たちの天賦の才能を伝える。安徽省の彫刻は、宋代に生まれ、明清代に流行した。独特の工芸と意匠には安徽省の伝統文化が凝縮されている。