池州の概況

    池州は長江中下流域南岸に位置し、南は九華山、黄山につながり、北は長江を隔てて安慶と向き合っており、池州市の政治、経済、文化の中心だ。

    池州は開発が比較的早く、悠久の歴史を持つ。1977年、1983年に相前後して貴池灌口郷古石城の旧跡と里山郷紅旗村で、春秋戦国時代の青銅器が数多く出土した。これらの青銅器は細工が精緻で鋳造も精巧で美しく、長江流域独特の風格を持っていて、当時のこの土地の人々が卓越した青銅器鋳造技術をすでに持っていたことを表している。

    池州は長江デルタに隣接しており、経済が発達したエリアからの産業移転受け入れに有利さを持っている、池州港は長江交通の重点港湾の1つで、国家一類開放口岸に指定されている。