阜陽の概況

    阜陽は黄淮海平原の南端に位置し、安徽省北西部の重要な出入り口で、淮海経済区を形成する重要な都市である。阜陽は、交通至便で、華東二通道の基点となっている。

    ここは、「管鮑の交わり」の管仲(かんちゅう)と鮑叔牙(ほうしゅくが)、「竹林の七賢」の嵆康(けいこう)などのふるさとで、宋代の詩人・晏殊、欧陽修、蘇軾もかつてこの地で官職に就いた。阜陽の古称は「潁州」で、西周時代には胡子国の国都だった、素晴らしい物産があり、人材を輩出し、景勝も豊かな土地である。