馬鞍山の概況

    馬鞍山は長江下流域の南岸に位置し、江蘇省の南京と隣接している。現代的であり豊かな歴史を持つ都市だ。馬鞍山は半分が山水自然、半分は詩歌だと言われる。詩仙・李白は生涯に七度馬鞍山に遊び、この地の山川草木、風土人情に、離れがたく、ここに50首以上の詩を残し、作品は長く人口に膾炙している。李白は、この地で永遠の眠りについている。

    詩情豊かな土地、この都市に独特の品格を与えている。馬鞍山が表しているのは、自然と文化のハーモニーで、古いものと新しいものが絶妙に結びつくこの都市は、「山水の都」であり、「観光の都」なのだ。